前へ
次へ

カタログギフトなら贈り先のリサーチが不用

お世話になっている人にお中元やお歳暮を贈ることがあるはずです。初めて贈るときは贈り先がどんなものを好むのかわからないためにかなり悩むこともあるでしょう。誰でも好むようなものを贈るのは楽ですがそれだと他の人と同じようなものになりかねません。かといって誰も贈らない少し変わったものだと好みが分かれ贈り先にとってあまり好まないものを贈ってしまうこともあります。何とか贈り先に好みのものを聞いたうえで贈るようにした方がいいでしょう。お中元やお歳暮は人によって贈る数も違いますし毎年のことなのである程度定型化してきます。つまり毎年リサーチする必要はなく一度相手の好みがわかればそれ以降はそれに近いものを贈ればいいでしょう。しかし結婚式の引き出物やお祝い返しをするのは一生に一度なので一度の失敗がそれ以降残ってしまう可能性があります。失敗をしないためにも相手が何を好むかのリサーチをして引き出物を決める作業が必要になっていました。

贈り先のリサーチ作業はかなり手間がかかりますが、その手間をなくしてくれるのがカタログギフトになります。カタログギフトはカタログ内にたくさんの商品が掲載されていてその中から贈られた人が好むものを選ぶことができます。食べ物においてもいくつもの種類から選べるようになっているので、さすがにすべてを食べられないことはないでしょう。お酒などもありますが、飲めない人であればジュースなど別の飲み物を選んだりもできます。カタログギフトを使うことで贈り先のリサーチの作業が減ればその分別の作業をすることができます。引き出物にしてもその他のお祝い返しにしてもリサーチをした上で選んで購入しなければいけませんが、カタログギフトならあるタイプを購入するだけで済ませられます。一応カタログギフトにも種類があって特定の商品に偏っているものもあります。幅広い人に贈るのであれば、商品の幅が広くて誰でも選びやすいカタログギフトを使いましょう。

Page Top